どんな手法をM&Aで使用する?

M&Aとはどういう意味か

ニュースや新聞で目にする機会が多い、「M&A」とは平たくいえば企業買収のことです。
「M」とはMergersの略で、吸収や合併の意味、「A」とはAcquisitionsで、株式や事業部などの会社の財産である部分を取得することを表しています。
企業買収というとあまりよくないイメージがありますが、親族や社員に適切な後継者が見当たらない場合には、経営者自身の出口戦略として会社を必要とする企業へ引き渡し、勤務する社員の給与確保をして、いわゆるハッピーリタイヤを実現することができます。
また、会社を買取りたい企業は、ノウハウの吸収や人材獲得、新規事業を立ち上げるより時間や費用が節約できるなどのメリットがあります。

M&Aの手法にはどのようなものがあるか

M&Aには、合併や事業譲渡、株式譲渡などの手法がありますが、一般的に中小企業で行れるのは事業譲渡と株式譲渡です。ちなみに広義の意味のM&Aには業務提携や資本提携なども含まれています。
事業譲渡の方法では、売る側の会社の資産を買う側の企業が現金で購入することです。この場合には、売る側の企業の負債もついてくることがありますので十分な検討が必要です。
株式譲渡の方法は、売る側の会社の株主が、買う側の会社に株式を売ることです。つまり企業を子会社化することで、売る側の株主は現金を入手することになります。
このように、M&Aは企業のそれぞれの状況により適切な手法で実施することができるため、経営者にとっては親族や社員に適切な人材がいない場合など、有力な選択指として考えられています。