企業と合併の買収とは!!

企業がМ&Aを行うメリット

М&Aとは、企業の合併のことを言います。合併する企業が相手の企業を買収するものや、協議の上で株式を分け合う形で合併するものなど様々な形があります。近年、物流業界などでこのМ&Aが注目されていますが、合併する側にもされる側にも多くのメリットがあります。
合併する側としては、自社がノウハウを持っていない分野への進出が容易になるメリットがあります。メーカーではこれまで作っていなかったものを作るノウハウをすぐに手に入れることができたり、自社には無い販路をそのまま引き継ぐことも可能です。業務の拡大を考える上で、ビジネスをスピーディーに行う手段と言えるでしょう。
合併される側としても、赤字部門をまとめて買い取ってもらったり、創業者が引退する場合に、従業員に不利益を被らせることなく事業の精算が可能になります。

国内を市場とする業種における重要性

日本国内では、人口が減少し続けており、高齢者をターゲットとする特定の業界を除き、社会全体のパイは減り続けています。また、物を作るにしても輸送するにしても、ロットが大きくなるほど一個当たりのコストは低下していきます。
これらの事情に合わせた商売を可能にするのがМ&Aです。これまで競業していた企業が手を組む(あるいは一つの会社になる)ことで、ロットを大きくでき、効率的かつローコストな商売にすることができます。本来は需要を求めて海外に進出するべきなのかもしれませんが、国内だからこそ成立するビジネスも多く、人口減少社会においてМ&Aの重要性が増しています。М&Aのコンサルタントを行う会社では、クライアントに対し、どのような方針で合併を行うのが有効かなど、幅広い提案を行い、多くのМ&A案件を成立させています。