M&Aの税金てかかるの?

M&Aとはどんな意味?

M&Aとは英語のMergersand Acquisitionsの略であり、日本語に訳すと合併と買収を指します。つまり、M&Aというのは、複数の企業を一つの企業に統合する合併と、ある企業が他の企業の株式や事業を買い取ったりする買収のことを言います。M&Aは、自分の会社に不足し補いたい技術や情報、お金または人などの経営資源を得ることにより、新規事業や市場への参入などの事業の拡大や、経営が不振な企業の再編が出来る経営戦略のひとつであるのです。また、企業の合併や買収だけでなく、事業を譲渡したり、経営支配権を持たないお互いの株を取得する「資本業務提携」などを広い意味で含めた企業間の提携の総称としても使われています。

M&Aの代表的な手法とかかる税金とは?

M&Aの代表的な手法として、株式譲渡・第三者割当増資・事業譲渡・合併・会社分割などがあり、手続きはいずれも同じです。簡単に説明するとまずは対象会社の選定を行いそれにより秘密保持契約の締結をします。そして基本合意書が結ばれたら、法的なリスクを把握するための検討調査(デューディリジェンス)を実施し、契約交渉をし実行に移します。また、M&Aでは所得税、法人税などの税金が掛かります。他にも、相続・贈与税、消費税、不動産取得税、登録免許税が発生し手法や手続きひとつで負担する税金も変わってくるのです。ですから、利益を増やしリスクを減らすには専門的な知識も必要となります。それには、M&Aアドバイザーを利用し、どのような手法を用いるかといった売却プランの立案をきちんと立ててから行うと良いです。